140文字でわかるツイッター入門

 このブログをtwitter対応にしたのですが、実は、twitterのことがよくわからないままでいたので、どんな効果があるのかを知る前に、twitter自体の使い方が何か簡単にないかなぁと思っていました。

 今日、「140文字でわかるツイッター入門」(篠田 ヒロシ 著/丸山 弘詩 編 /毎日コミュニケーションズ 刊) という本が、まぁ、初心者にはいいかなぁと思って、読んできました。あまり厚い本ではなったので、ふむふむ、という感じでした。

 twitterがSNGだった(?)とかいうソーシアルネットから出てきたものなので、160字が最大だったので、twitterでは140字までになったと書いてあり、なるほどそうだったのかという気になりました。中途半端な文字数って何だと思っていたので。

 twitterの画面で表示される、色々なオブジェクトの機能を、大雑把ではありますが、そう使うんだということで覚えて帰り、早速、設定やプロフィールを変更しました。

 一番、な~んだと思ったのが、”ツイート”という言葉で、何だ? と思っていたのが、twitterと同じ意味で用いるということがわかり、”つぶやく”かと分ったことでした。

 つぶやいて、つぶやき返すということなんですね。

 この本は、表紙の絵が気に入ったので手にしたのですが、本当に、初心者の私でも、さ~と読めて簡単な使い方が分ってよかったと思います。

 ところで、FaceBookにもとりあえず登録したのですが、こちらは、それ以降触っていません。

 いろいろ出てくると、何が何だか、分りませんね。

140文字でわかるツイッター入門
毎日コミュニケーションズ
篠田ヒロシ

ユーザレビュー:
期待はずれでしたこれ ...
ツィッター知るにはい ...
入門書より、レファレ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのトラックバック