ボクシングをなめるな!

 ”「ボクシングをなめるな!」業界から猛反発”と、表紙に書いてあり、「BOXING BEAT 2010年 05月号」(フィットネススポ-ツ 刊)では、『 亀田陥落の波紋』という特集だったので、読んでみましたが、表紙に書かれている言葉ほどの内容ではなく、亀田興毅―ポンサクレック戦の誰が見ても、ポンサクレックのワンサイドゲームであったということを述べていました。

 亀田がボクシングをなめているのかどうかは知りませんが、そういう亀田一家を作ってしまったのはボクシング業界ではないんでしょうかね。

 TBSなどのマスコミにも問題がありますが、絵にかいたような成功物語に加担してきたボクシング業界の姿勢も問題ではという気もしてしまいます。

 オープンハンドのような打ち方やアンダーブロウのような打ち方、頭突き、肘と何か、反則すれすれのやり方を見ていると、どこかで、正しく矯正してやらなくてはいけなかったのでは。

 何か、石井慧が、亀田史郎から必殺のパンチを習ったんだそうですが、いいかげん、石井も馬鹿な付き合いはやめた方が言いよって言いたくなりますね。

 ボクシング業界っていうのも、??な見えない部分がありすぎという感じかなぁ。

 リナレスが母国で勝利という記事が載っており、こちらの方が興味ありますね。

BOXING BEAT ( ボクシング・ビート ) 2010年 05月号 [雑誌]
フィットネススポ-ツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのトラックバック