遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 石牟礼道子 猫

<<   作成日時 : 2010/04/14 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「」(石牟礼 道子 著/藤原書店 刊)は、 石牟礼道子詩文コレクションの一番目の本です。別に猫の写真があるわけでもありません、一期一会、石牟礼 道子さんが出会った猫を通して、生きることを考えておます。

 その時々の猫との触れあいが、一匹一匹、個性的な猫であることが知らされます。

 抗議活動で、冬の都会に寝込んだ朝、凍りつく路面を掻く音に目を開けます。頭の先で、黒い猫の目が2つ光っている薄明かりの中で、猫は必死に、熱いものに触れた手を冷ますように振っています。

 コンクリで覆われた路面に便をした猫が、悲しい習性で、泥をかけようとしているのですが、泥がなく、自分の排せつ物が手についてしまい、それを必死に振り払おうとしていたのでした。

 コンクリに覆われてしまった自然。

 著者は、コンクリートに耳を当て、コンクリートの下に眠る自然を聴くのでした。

 それは、蓄積してきた習性が無になってしまった猫、いや生命のあえぎなのかもしれません。

 猫を通して、生きる事のつらさと、累々と繰り返されるこの世、そのものの姿を浮かび上がらせているようでした。
猫 石牟礼道子詩文コレクション 1
藤原書店
石牟礼 道子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






石牟礼道子詩文コレクション 3
藤原書店
石牟礼 道子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

石牟礼道子全集(第1巻)
楽天ブックス
商品副データ不知火初期作品集 石牟礼道子藤原書店この著者の新着メールを登録する発行年月:2004年0

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
石牟礼道子 猫 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる