遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 母娘を呪縛する「逆・共依存」関係

<<   作成日時 : 2010/04/12 20:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「中央公論5月号」(中央公論新社 刊)に、『愛子さま「いじめ」問題の真相』(斎藤 環 著)と題する記事が掲載されたので、読んでみました。

 最大の失敗は、宮内庁が事を公にしてしまったことにあると言っていました。今からでも遅くないので、今後は、公にすることなく、対応するのがよいということが結論のようでした。

 では、何が原因で、どうしたら良いのかということですが、一点は、学習院の全く持って当事者能力のない、つまり、問題の子というような存在が、これまで学級崩壊のトバグチの現象であり、その点につき対応できない学校側の体制に問題があるので、これを何とかしないといけないということ。

 二点目は、このように公になってしまっては、雅子さんも、愛子さんも、問題の子にも、新学期以降にしこりが残り、なかなか難しい局面になってしまうので、いっそのこと、雅子さんと愛子さんは国外留学を行うのがいいのではないかということ。

 主に、この2点のような気がしましたが、学習院をはじめとして、学校側に現状認識の能力・対応力がない以上、私は、二番目の方法は、ベターなのかなぁという気がしました。

 で、気になった、逆・共依存関係という言葉ですが、
 それにしても、この母娘は、心配したくなるほど一体化していますね。かなり共依存に近い状態にあると言えなくもありません。共依存と言えば、子どもが親に依存して、親は子どもに依存してもらっているという立場に依存するというのが普通です。しかし、この母娘の場合は立場が逆転しています。雅子妃が愛子さまに依存して、愛子さまは雅子妃から依存されている状態に依存しているように見えます。

という風に著者が言っていました。

 けなげに、子供が親をかばっている、つまり、この子しかないと親が思い、子供が何とか親の要求を満たしてあげようとしているということではないかと思います。

 ただ、子供が小さい頃って、共依存関係ではないかと思うのですが、過度であるかないかは何処に線引きするんでしょうかと思ってしまいました。
中央公論 2010年 05月号 [雑誌]
中央公論新社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






共依存・からめとる愛
楽天ブックス
商品副データ苦しいけれど、離れられない信田さよ子朝日新聞出版この著者の新着メールを登録する発行年月:

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

共依存かもしれない
楽天ブックス
商品副データ他人やモノで自分を満たそうとする人たち10代のセルフケアケイ・マリー・ポーターフィールド

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

信田さよ子講演会「問題を抱えた家族への援助と支援の実際」 [DVD]
星屑倶楽部 / 中島映像教材出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
母娘を呪縛する「逆・共依存」関係 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる