遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成の枯れすすき

<<   作成日時 : 2010/04/01 01:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 「祇園精舎の鐘の声」の祇園精舎ってどこと聞かれて、恥かしながら即答できませんでした。ほっておいたのですが、先日、雑誌を読んでいたら、インドの5大精舎の一つであるというのを見て、あれ、そうだったんだと思い、今日、インターネットで調べてみました。

 確かに、お釈迦さまが在世中にあった5つの寺院の一つだということで、なるほど、とは思ったのですが、何で平家物語は祇園精舎なのかと気になったのですが、よくわかりません。

 そんなこんなで、結局、YouTubeをちょこちょこブラウジングしていたら、琵琶の平家物語や、日本昔話の耳なし方一なんていうのもあり、見ることになってしまいました。

 関連リストを見ると、懐かしや、昭和枯れすすきがあるではないですか。

 早速、聞いてみました。

 いやぁ、いいですね。さくらと一郎

 ちあきなおみ美空ひばりが歌っているのもありましたし、初音ミクで作成したものもありましたが、なんといっても、さくらと一郎ですね。



 もしかしたら、”平成の枯れすすき”バージョンを誰かヒットさせるかもしれんせんね。

 いや、逆に、こんな暗い世の中なので、明るい歌でごまかされるんでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねー。「枯れすすき」ヒット当初は、負ける、そうしたこともあるのだろうか〜みたいな想いでした。負けた者は負けさせられ、その悲しさに同調してたのですね。また、ある面では当時でも競争社会の真中にみながいたからヒットしたのでしょうね〜。しかし、平成になりあっという間に20年以上、今や、この歌詞が、国にも政治家にも(笑)国民にも、きわめて現実的になろうとは、誰もあの当時想いませんでしたね。歌謡曲は時代の反映とかいいますが、作詞、作曲者の感性では時代を読むのもありそうです。
さとし君
2010/04/01 03:27
さとし君さん、こんばんは。
そうですね。誰が、またこの時代が来ることを、あの当時思ったでしょうか。
何故、生きることが勝ち負けになってしまうのか、まったく困ったもんです。
最近は、保険金に化けさせられてしまう恐れもありますし、深化してますね。
風来末
2010/04/01 19:32
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
平成の枯れすすき 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる