ネコが見つけた赤い風船

 「ネコが見つけた赤い風船」(大塚 愛 著/講談社 刊)という絵本が立てかけられており、表紙の猫の絵が気にったので、読んでみました。

 あれ、著者は大塚 愛さんではないですか。文も絵も本人が書いたようで、最近の人は、絵が上手だなぁと感心してしまいました。

 絵本なので、ページ数が少ないため、一気に読み終わってしまいましたが、話としては、何とも言えないのですが、一ページ一ページをイラストとしてみれば、結構きれいでいいかもしれないような気がします。

 赤い風船が膨らんでいき、最後には、猫の悲しい結末と残された風船の暖かさとが印象的でした。
ネコが見つけた赤い風船
講談社
大塚 愛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのトラックバック