グーグルストリートビューとマップの同期

 最近、会社のホームページでの案内地図がきれいではないのと、これだけMapが普及しているので、Google Mapを利用しようと、おくらばせながら思い立ちました。最初は、GooglrMapのから地図をダウンロードして貼りつけることができるとわかり、簡単なので、貼りつけてみました。一応、地図が表示され、拡大縮小や、地図タイプの選択などができるようにはなったのですが、しばらくしたら、何か物足りないなという気がして、本屋さんに,、Google Map API関連の解説書を探しに行きました。

 棚を見ているとそれらしき題名の本が2冊あり、1冊は薄くて概要説明のようだったので、少し厚いほうの「Google Maps API プログラミング入門}(勝又 雅史 著/アスキー・メディアワークス 刊)という本を流し読みしました。

 やはり、初めてのgoogle map apiなので、本を買おうか買うまいか迷って、とりあえず問題点がはっきりするまでは、懐がさびしいので買わないことにしました。きっと、インターネットで同じように解説されているサイトがあるに違いないという気がしたものですから。

 家に帰り、WEBでいろいろと探したのですが、これといった手ごろなものがありません。

 あの本を買わざるを得ないかなぁと思ったのですが、ついに、あれっと思うサイトにぶつかりました。Google Map 活用講座というところで、何か、読みだすと本の内容に似ているではないですか、それもそのはずでした。この本の元は、どうやらこのサイトにあったみたいで、この本の広告も出ています。


 しめしめのはず、だったのですが、やはり、本とサイトでは違うところもあり、今、悪戦しています。

 何かと言うと、本では、そこそこ書いてあるStretViewとMapを同期をとって表示させることができる「ExtStreetviewControl」という便利なコントロールの使い方が、このサイトには書いていなかったのです。あれれと思ってしまいました。確か、本では、StreetViewの最後の部分に書いてあったんだがなぁと思いながら、またまた、本屋さんに行き、その部分を詠んで、なるほど、コントロールのJavaScriptのライブラリーファイルを手に入れて、コントロールのオブジェクトを作り、mapオブジェクトにそのコントロールを追加すればいいのだ、2行覚えればいいのだとわかって、暗記し戻ってきました。

 早速、ライブラリーをダウンロードしようとしたら、ファイルとしてはダウンロードできないので、ブラウザーに表示されるソースコードをコピーし、テキストエディタに貼りつけライブラリーファイルを作成しました。
(なんと、ファイルでダウンロードできるサイトがありました。gmaps-utility-library-dev - Revision 1216: /trunk/extstreetviewcontrol/srcです。)

 所定の位置にそのファイルを保存し、いよいよ、WEB用のHTMLファイルにソースコードを書き出しましたが、いやはや、記憶があいまいのため、うまく動きません。

 またまた、サンプルを差探しますがなかなか見つかりません。
でも、ようやくExtStreetviewControl Examplesにたどり着くことができました。

 ここには、実際のサンプルが数点あり、とても参考になります。

 このサンプルを見ながら調整し、ストリートビューとマップは表示されるようになったのですが、どうしても同期がとれません。

 何故? 何故? と、今、悩んでいます。

Google Maps APIプログラミング入門
アスキー・メディアワークス
勝又 雅史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






ACCUSYNC ストレージ
メガソフト

ユーザレビュー:
同期ソフトの定番。そ ...
3台の同期にも仕事場 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック