遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党チェンジ ジワリ進んでいる

<<   作成日時 : 2010/04/06 20:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 「週刊朝日 2010年4月16日号」(朝日新聞出版 刊)は、『民主党チェンジ ジワリ進んでいる』では、圧倒的に舞うメディアが民主党つぶしに奔走する中、極めて客観的に民主党への政権交代後を見ているもので、納得しました。

 特に、「鳩山政権発足半年を検証」と題して、”「切るべき舵は切っている」 ビデオジャーナリスト 神保哲生×ジャーナリスト 上杉 隆”の対談記事は、思わず、そうだと思ってしまいました。

 ばらまきと批判されるものも、これまで、中間の天下り法人や得体のしれない法人、あるいは公共工事のように一部建設会社・官僚という形で無駄をしている部分を排除し、直接付与するもので、いわゆる何もしない中間を排除しているので良しとするのが妥当だという気がします。

 例えば、従来のように、中間の法人・大企業・役所に分配金を与えて、そこに分配させるやり方では、奇妙な隠ぺい体質と官業癒着など、分からないところで、無駄な仕事などで税金が消えていたのではないでしょうかね。

 まさしく、これまで、そのような手配師がた組織に、へいこらし仕事をもらっていたという、それこそ自助努力をしない、もみ手の構造があったと言える気がします。

 そのような組織にくいこんで仕事をしていう会社の人たちの、傲慢さといやらしさは、多くの人が感じていることだと思うのですがね。

 直接支援で、たと合えば、父子家庭への補助金など、これまで、母子家庭しか得られなかった援助が父子家庭も対象となるということは、見えない部分かもしれませんが、よくやったと言わざるを得ません。

 このように、普天間やダムのような派手な要素はありませんが、確実に、弱者への対応がされており、よくやっているという気がします。

 こにょうな、色々なことを声高らかに宣伝しないのも、どこかの党と違って、鳩山さんらしいやり方で、好感が持てるものです。

 なにしろ、外務省をはじめとするオープンな会見、外務省の密約の暴露など、これまでひた隠しにされてきたことが公になっています。

 当然、多くの人がいる民主党ですから、古い体質の人もいたり、生方のように、なにを考えているのかわからない物も9いるようですが、この記事にあるように、公平に、これまでの動きを検証すれば、着実に、コンクリートから人へということがなされているのではないかという気がします。

 すべてに100点満点とはいかないのは当たり前で、権力闘争なのですから、古き権益教授者たちの攻撃を跳ねのけて進むしかないと思うのですが。

 政治にお金がかかるのは現実で、そうでしょう、誰だって、移動するにも部屋を借りるにも人を雇うにも、お金はかかるのですから、対談者の二人が言っているように、お金の多寡まで攻撃して道徳性を言うマスコミ(自分体がどれだけきれいだと思っているんでしょうか)は、それこそ、小沢一郎が、企業献金の禁止を、なぜ評価しないのか不思議です。

 政治主導と言うとすぐに、ファシズムに結び付けて国民を脅すようなことを言いますが、本当にそうなんでしょうかね。これまで、官僚の無策と思いあがりがどんなけ国民を犠牲にしてきたか、政治家が官僚・大企業の代弁者・実行者にすぎないようなことを何度経験してきたのか、私たちは、せっかく、民主党政権を選んだのだから、もう少し事実をミリ必要があるという気がしました。

 マスコミの言うなりに民主党を攻撃する人って、考えさせられてしまいますね。それだけ、自民党政権でいい思いをしたんでしょうか。

 今週号の週刊朝日は、一読の価値がありそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3人の首相のうちの劇場政治が地方の中小企業まで企画、援助がもらえない構造にしてしまいました。おっしゃる通りの法人、大企業、役所は、地方の当事者ほどの苦は発生しませんでした。地方が苦しむなかに景気の悪さの原因を国民はみてしまいましたね。お金がない、それでも犠牲心のある国民がノーしたのです。
舵はきりつつあり、やることはたくさんございます。
さとし君
2010/04/06 21:57
さとし君さん、こんばんは。
そうですね。
やることは沢山あり、今求められているのは、いかに、航海するかですね。
小泉の息子が世論調査を軽んじるのは、けしからんというようなことを亀井大臣に行っていましたが、世論調査=国民の本当の声ではないと思うんですが、息子も、小泉劇場政治を目指しているんでしょうか。
若いというだけではだめなんだと思いました。
風来末
2010/04/07 21:02
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
民主党チェンジ ジワリ進んでいる 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる