「特捜」崩壊

 ” 「特捜」崩壊 - 墜ちた最強捜査機関 」(石塚 健司 著/講談社 刊)を読んでみた。まず驚いたのは。著者が産経新聞の社会部次長であるということでした。あの産経新聞で、こんなまともなことを言う人がいるとは、それも。社会部次長という肩書ではないですか。

 一つは、新聞記者というものが、日々に追われて、実は、事件の底流まで調べt報道するということが難しいという現状を述べていました。

 そして、一番の焦点である、「特捜」の変化に関して、いわゆる叩き上げの検事を作り、捜査を進めていくという組織方針が、法務省との問題から、キャリアの腰かけとしての組織体制になり、いわゆる現場で実務を取り仕切り、技量を上げた人が上となり捜査を進めるのではなく、机上の考えで、捜査なんて簡単であるというような、実務を知らない官僚が取り仕切るようになってから、多くの問題が噴出してきたと述べています。

 法務省から特捜に行き、戻ってきたときに、特捜にいたということが国会議員との関係で有利に働くために、腰かけでも特捜に行きたいのだそうです。

 証券取引委員会や国税庁などからの調査案件に関しても、一向に処理が進まない組織になっているという指摘もありました。あまりにも進まないので、業を煮やして検察庁に苦情を言いに行ったのだそうです。

 いやはや、検察がこんな体たらくになっているのを知ると、なんとかに刃物ではないですが、捜査権も逮捕権もある特捜のやることを監視しなければ、それこそ”えん罪”が多く生まれてしまうに違いありません。

 著者が、いみじくも書いていましたが、 社団法人「日米平和・文化交流協会」の専務理事、秋山直紀さんの防衛疑惑に関する件で、はじめて、被疑者とされてしまう恐ろしさを理解した、ということでした。

 現在のマスコミ、検察などの問題に関して、この書籍は、現役のマスコミ当事者として、正当な意見を述べている気がして、好感が持てました。

 いかにバイアスのかかった記事が垂れ流しになってしまうのかといった点に、少なからず言及をしていて、こういう人が多くならなければという気になります。

 産経新聞? ですが。

「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関
講談社
石塚 健司

ユーザレビュー:
題名が・・・著者の検 ...
再生の可能性は、かな ...
「特捜」とはこれまで ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのトラックバック