シャカ族

 「シャカ族」(アジャヤ・クラーンティ シャーキャ 著/堤理華 訳/徳間書店 刊)をめくってみて、またまた、勉強不足だなぁとがっかりしました。私の知らないことが、ここにもあったということです。

 シャカ族という存在は、もうすでにないものと勝手に思い込んでいましたし、インドにいたと思っていたのですが、ネパールだったんですね。

 インドから逃れてきてネパールに住みつぃたとのことで、てっきり、お釈迦様のいる頃、インドにシャカ族という民族が住んでおり、その後消失したとばかり思っていました。

 ネパール全土におり、特に、首都カトマンズに多くの末裔が存在するということ、いまでも、シャーキャというカーストがあるのだそうです。

 いやはや、ネパールに関しても、釈迦に関しても、まるっきり知らないのと同じだということを露呈してしまいました。

 仏教の原点が、今なお、継承されているということを知り、どのように、そして何が引き継がれてきたのか、興味深いところです。

 繰り返し繰り返し行われる人間の愚行。

 この輪廻から脱出すべく、釈迦は悟ったのでしょうか?
シャカ族 仏陀を輩出した一族に今なお伝わる仏教の原点
徳間書店
アジャヤ・クラーンティ・シャーキャ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック