遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉本隆明 語る 〜沈黙から芸術まで〜

<<   作成日時 : 2010/03/15 02:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 子供がテレビのチャンネルをピコピコ変えていたら、一瞬、吉本の顔が大写しに、でも、もう違うチャンネルになっていましたので、つい、子供に、今の吉本は何? と言って、チャンネルを戻してもらいました。

 昨年の正月にNHKのETCV特集で放映され、見逃していたもので、どうせNHKだから、再放送をやるよなぁと思っているうちに1年以上がたってしまっていたということになります。

 吉本隆明 語る 〜沈黙から芸術まで〜というタイトルで、2009年1月4日に放送されたものです。運よくというか、番組の最初から見れそうです。

 しかし、残念なことに、眠い。

 講演会を糸井重里が企画する様になったいきさつが語られ、いよいよ、講演会となりました。

 戦後、敗戦日を境にして、ガラッと変わってしまった価値観というものに対し、世界をつかむ方法は何かと模索し、日本の古典やアダムスミスの国富論から、万理クスに至るまで、5〜6年間は、必死に勉強をしたということから話が始まりました。

 そいて、夏目漱石や森鴎外などの作品など、文学、言語の話に入り、表出という概念の説明に入りました。

 木に例えるのなら、沈黙を木の根幹として沈黙に向かう表出を自己表出とし、木の枝葉にあたる部分を指示表出というと反していました。ディスミュニケーションとしての沈黙に向かう自己表出と対外対象に向かう自己表出とが、縦糸と横糸に織られて成り立っている言語構造を考えたことが語られます。

 で、もう寝てしまっていました。

 目が覚めたら、糸井重里が時間を告げに吉本に近づき、講演会が終わってしまいました。

 そのご、糸井重里が吉本邸を再訪し、沈黙に関して、人間的な価値としての沈黙、一般的な経済的価値との違いを聞いているような場面で、またまた、寝てしまいました。

 目が覚めたら、猫が廊下から対談部屋に入ってくるところでした。


 吉本が意図したように、「僕の本なんか読んでいない人に、どうやったら分かってもらえるかが勝負です。」ということが達成できたのかなぁ? と思ってしまいましたね。

 年十年となく、読んできたりしていますが、どこまでわかっているのか、自分ながらに分りません。

 関係の絶対性。

 共同幻想。

 自己表出・指示表出。

 もしかしたら、最初からわかっていなかったのかなぁという気にもなってしまいます。

 ここ何年かは、色々、これまでの概念の説明をする機会が多くなっていますが、それを読んでも? ということがあり、何を理解していないのかなぁという気になってしまいます。

 本格的に、再読しないとだめんでしょうか?(再読しても分らないという声が聞こえそうですが)

 もっと、明るいうちに再放送してくらないですかね。

 DVDを買え、と言われそうですね。
「芸術言語論」への覚書
李白社
吉本 隆明

ユーザレビュー:
吉本隆明の今「芸術言 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






吉本隆明 語る 沈黙から芸術まで
くつろぎ指定席
戦後思想界の巨人、吉本隆明氏の講演収録DVDが実現!詩人にして文芸評論家、そして思想家。日本の言論界

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

吉本隆明 / 吉本隆明 語る: 沈黙から芸術まで 【DVD】
HMV 楽天市場ストア
商品の詳細ジャンルスポーツ&ドキュメンタリーフォーマットDVDレーベルNhk エンタープライズ発売日

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

吉本隆明 語る ~沈黙から芸術まで~ [DVD]
NHKエンタープライズ

ユーザレビュー:
空前絶後 思想のライ ...
現在の吉本氏の語り口 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
吉本隆明 語る 〜沈黙から芸術まで〜 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる