遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人の知らない日本語2

<<   作成日時 : 2010/03/11 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「日本人の知らない日本語2」(蛇蔵 構成・漫画/海野 凪子 原案/メディアファクトリ 刊)は、「日本人の知らない日本語」の続巻で、色々な国からきた外国の人に、日本語を教えている海野 凪子さんが出くわした、外国人生徒の日本語習得時の出来事を、面白おかしく漫画化したもので、最近、本屋さんに並ぶのが目立って来たので、おや、と思っていました。

 第2段だったのですね。

 今日、第2段であることがわかったので、早速、読み終えてきました。

 いや、面白い。

 何で外国人の人は、日本というと、忍者なのかと思ってしまいますね。そうはいっても、日本人でも、忍者好きな人は多いと思うのですが。それにしても、何か、スーパーマンのように思ってしまうんでしょうか?

 ”すっぱ抜く”のすっぱが、忍者のこととは、この本で初めて知りました。

 おそらく、外国の人に、日本語を教えていると、私たちが日常、無意識に使っている日本語の起源というものについて聞かれることが多いようで、ほとんど知らないんだなぁと、再確認してしまいます。

 ”畳化”というコラムが、各賞の最後についているのですが、それも面白いですね。

 例えば、日本にいて、自国(フランス)に帰ってタクシーを止めた時、ボケっと立っていて。ドアが開くのを待ってしまう。自動ドアは、ほとんど日本だけ。

 あるいは、自動販売機にはお札を入れない(イタリア)。なぜなら、ほとんどの自動販売機が、日本と違って、壊れており、お札を入れるとおつりが出てこないから。

 外国人を見て、外国人が来たと思ってしまう時など、”畳化”したろ思ってしまうそうです。

 この本は、このように、外国人の物の考え方を面白く伝えてくれるばかりでなく、例えば、”ら”抜き言葉などに関して、ら抜きが行われるのは、一段活用とか行変格活用の動詞であることを説明しており、なかなか、文法的に日本語を見直す機会のないので、なるほどと思う資料性もあり、一気に読める本でありながら、ストックしておきたいと思うような本です。


日本人の知らない日本語2
メディアファクトリー
2010-02-19
蛇蔵

ユーザレビュー:
ほんとに知らない事に ...
日本人をやってきまし ...
更に笑わせていただき ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
日本人の知らない日本語2 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる