「新選組」滅びの美学

 「歴史スペシャル 2010/03/06号」(世界文化社 刊)は、第一特集が『新撰組』ということで、読んでみました。なぜか、新撰組というのは、面白いもので、ちょくちょく話題になるので、いいかげん、話の種も尽きたとは思うのですが、細部になると、やはり違うような気もしますね。

 永倉 新八が大正まで生きたので、大筋のことはわかるのでしょうが、どうしても思いこみや思い違いが紛れ込むのかもしれないですね。

 時代が時代でなかったら、ただの剣術の道場主と弟子にしか過ぎなかった若者が、幕末という時代に引き寄せられ、世の中が幕府から明治へ動き出すうねりの中で、逆走する潮流となることによって、時代の表面に出てきたと捉える森村 誠一の捉え方が、読むものを納得させるような気がしました。

 天然理心流という実践を旗印にした道場であり、彼らの出身地が幕府直轄の玉であったということが、過度に、彼らを逆送の盟主に仕立てていったということは、不幸だったのか幸福だったのかはわかりませんが、時代にコミットせざるを得なくなったのが、本人たちの意志だとすれば、よかったのかもしれないなぁという気になります。

 彼らが、時代の流れに即して動いていたら、どうなっていたのか、はたして、これほどの後世の人を引き付ける存在となっていたのかは疑問ですが、どう活躍したか考えると面白いですね。そもそも、そうした場合、武士集団でしかなかった彼らに、活躍の場はあったのでしょうか?

 この本では、近藤勇と土方歳三との結びつきを軸とし、”「新選組」滅びの美学”という観点で、捉えています。

歴史スペシャル 2010年 04月号 [雑誌]
世界文化社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのトラックバック