田舎暮らしの失敗例

 「田舎暮らしの本 3月号」(宝島社 刊)は、附録に、”田舎暮らしの失敗例58”というのが別冊子でついていて、特集タイトルも『暖な田舎を探して北から南まで全国調査』ということでしたので、何々と思って手に取ってみました。

 まず附録の小冊子をめくってみると、よくある市街化調整区域や農地転用など、気をつけないといけない要素が、次々に開設されていました。

 これをみると、早とちりと人任せではだめだなぁと思いました。

 地目変更も大変だし、やはり、高い買い物なので、最低限の土地取引に対する、知識を持っていないと、駄目ですね。この附録の付録で、チェックポイントの一覧表を付けてくれればよかったのにと思いました。

 また。附録の中の囲み記事で、単位に関して取り上げられており、ついつい忘れてしまう、町、反、畝などの大きさの説明がされていて、あ、そうだったと思いました。でも、忘れてしまいそうですが。

 畳の長手方向の長さが1間(=1.83m)で、1間 x 1間 =1坪というのはわかりますが、つい、1反って、となってしまいます。

 本誌の方は、千葉や伊豆など、暖かいところの話が出ていましたね。やはり、寒い所より、暖かいところになってしまうんでしょうか。

 島での一人暮らしも出ていましたが、どうかなぁって思ってしまいます。

 のんびりと、蒸らせそうな所に行きたいもんですね。でも、いろいろと考えだすと、結局、高いものになってしまうので、元の黙阿弥なんですが。
田舎暮らしの本 2010年 03月号 [雑誌]
宝島社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






海原 海辺の学級通信 田舎教師の1000日記録
文芸社
佐藤 忠司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


怒濤の農村ライフ風雲録—北海道の爆笑マイペース田舎暮らしエッセイ
山と溪谷社
冨田 きよむ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック