国際グラフからの電話!

 一昨日、「国際グラフ」(株式会社国際企画 刊)という会社から電話がりました。用件を聞いて、ふむふむと思いながら、また藤波辰巳かよって思ってしまいました。実は、6年ほど前、藤波辰巳か女性の芸能人(名前を忘れました)がインタビューとして訪問するので、どちらかを選択して、本に広告を掲載しませんかという電話があったからです。

 新聞に誰々先生の記念記事が出るので、お祝いの名前を掲載しないかとか、結構、電話があったりし、まぁ、100%断っていたのですが、藤波辰巳ということで、金額も大した金額ではなかったので、取材OKを言ってしまいました。

 本当に、藤波辰巳(+社員1名)が来て、写真を撮り、色紙にサインをしてもらいました。

 国際グラフという雑誌で、病院においてあるということでしたが、そういえば見たことがあるかなぁと思いながらも、こんな雑誌が本として通用するわけはないので、まったく、そんな効果は期待しておりませんので、いまだに、後日送ってきた掲載誌が5冊ぐらい事務所の本棚に積んであります。誰にも見せたことがありませんが。

 というわけで、今回は、何言ってるの、とっくに来ているよというと、相手の社員が、すいませんと言って電話を切っていました。何でも、会社の製品リリースのニュースを見て電話をしてきたみたいでした。

 まぁ、1回は、藤波辰巳ということで、OKしましたが、2回はないですね。藤波辰巳にいくら払っているのか知りませんが、取材時に来た社員に色々聞くと、一回の取材で(1日半ぐらいだと思いました9、東京なら東京のこの地区ということで、数社回るのだそうです。交通費や印刷代などを大雑把に計算してみて、いい商売だねといったような記憶があります。

 媒体としての力は、全く期待していなかったので、発行部数もいい加減に決まっているだろうし、こんな知名度のない雑誌に広告効果があるとは思っていないので、ただただ、藤波辰巳という名前だけに興味があったということです。

 芸能人も、こうやって稼ぐんだと、その回る件数を聞いたら、大変だなぁと感心してしまいました。

 悪徳商法ということで、インターネットでは知られているみたいで、国際企画の住所も書いてないとかいう人もいましたが、国際企画のホームページより引用すると、次のようになっています。

名称 株式会社国際企画
所在地 〒530-0047
大阪市北区西天満1丁目7番8号ホワイトビル中之島6・7F
代表取締役 和田栗 一良
事業内容 月刊誌「国際グラフ」編集及び出版発行
会社案内、DM、SPツール作成
創業 1981年
資本金 1000万円
従業員数 32名
取引先 全国各企業、病医院


 確かに、国際グラフの購読申し込みページがありますが、金額も、クーリングオフなど提示する取引に関する案内もなく、こういった申し込み方法は駄目なような気がしましたが。

 また、取材が広告取材であり、料金がかかるという案内もないので、これもどうかとは思いますね。

 確かに、これらの点を見ると、どこかに訴えたら、行政処分の対象になるような気がしないでもありません。

 電話を取った皆さんが、良く言うように、電話の最後で、費用のことを言い出すということもあり、やり方としては、問題があるような気がします。

 ただし、取材はタダなのにおかしいというのは、記事広告ということを外しているからで、記事とタイアップした雑誌や新聞の広告などは普通にありますし、提灯記事ということで、記者に、何らかの見返りを渡して、製品記事をよく書いてもらうとか、大きく取り扱ってもらうとかは、ビジネス系の媒体ではよくあることなので、ちょっと違うかなぁという気がしないでもありません。

 そもそも、いわゆる、本当の取材で来訪するなら、それなりの理由が、その会社になければおかしいわけで、何もないのに、取材ということは、まぁ、ないでしょうね。

 ホームページでの料金表示や発行部数、配布先など、販売に関する具体的記載がないというのは、大きな問題で、電話の説明(記事広告の案内である事の明確な通知)を含めて、悪徳といえば、そうだなぁということは言えるでしょうね。

 それにしても、インタビューワーの面々が、以前と変わっていなかったので、驚いてしまいました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのトラックバック