遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京地検の悪あがき

<<   作成日時 : 2010/02/03 18:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 ”東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」”(2月3日15時52分配信 J-CASTニュース)という報道がされていたので、びっくりしました。この件では、Twitterも大賑わいのようですが、なんでも、抗議だけではなく、週刊朝日の編集長に出頭要請があり、朝日新聞側が、週刊朝日に対して、出頭要請があったことは公開するなと圧力をかけたのだそうです。

 いやはや、こんなことが本当だとすると、長年、朝日新聞を取っているので、やめようかと思ってしまいますね。

 検察の強引な取り調べ方法、特に、石川議員の女性秘書に対する10時間にも及ぶ取り調べを問題視した記事に対し、東京地検は、嘘であると言っているようなのですが、鈴木宗男の女性秘書に対する取り調べ・逮捕等の件を考えると、検察のやり方は、記事の通りではないかと推察されますので、そうでないならば、東京地検は、いきさつを公開すべきではないでしょうか?


 地検が異例の抗議を行ったのは、2月12日号掲載の「子ども『人質』に女性秘書『恫喝』10時間」という記事。衆院議員で小沢一郎民主党幹事長の元秘書、石川知裕容疑者(36)の秘書が、地検に約10時間にわたって事情聴取を受けたとされる様子を報じたもので、

  「『ウソ』をついて呼び出し、10時間近くにわたり『監禁』した。そして虚偽の証言を強要し、『恫喝』し続けた」

などと地検を批判した。

 この記事に対して、地検は2010年2月3日、異例の抗議に踏み切った。週刊朝日編集部によると、地検側から抗議をしたい旨、電話でコンタクトがあったが、山口一臣編集長が出張中であることを伝えたところ、

  「記事内容の何点かについて虚偽の点があり遺憾。厳重に抗議する」

といった趣旨のファクスが送られてきたという。

 編集部では特に検察に出向く必要はないと判断している様子で、山口一臣編集長は

  「2月12日号『子ども「人質」に女性秘書「恫喝」10時間』の記事に対し、3日、谷川恒太次席名の『抗議書』を受け取りました。記事は、丁寧な取材を重ねたものであり、自信を持っております」

とのコメントを発表した。


と、JCASTでは報じられていましたが、当の女性が、そう言っているのならば、そうなんじゃないかなぁと思えるぐらい、検察への信頼は薄らいでいるような気がします。

 そもそも、取り調べ調書にしろ、弁解録調書にしろ、取り調べ側が書きあげ、被疑者は、サインをするだけなので、密室でのやり取りで、脅迫に近い形で、サインを無理やり書かせられるということは、容易に想像できます。

 被疑者といわれる人が、ぼそぼそと答えた言葉が、取調官のストーリーにあてはめられて、あたかも、全体が真実であるかのように、調書が作成されるのが、普通なので、このやり方では、99%被疑者は不利な自白をしてしまいますね。

 やはり、根本から変えなくてはいけないでしょうね。

 それにしても、週刊現代や週刊ポストは、一体、何をしているんでしょうかね。残念です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
東京地検の悪あがき 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる