説明責任 

 何やら、小沢一郎関連で説明義務が小沢一郎側にあるようなことばかり報道されていrますが、どなたかが書いていましたが、検察が一体何と何を問題にし、どれを説明しろというのでしょうか?

 まず、検察が、争点をはっきりさせることが必要じゃないんでしょうかね。まったく、何が何だか分からないようなイメージだけで悪というレッテルを貼っておいて、説明義務は、疑われた方にあるというのはおかしいですよ。

 ともかく、不起訴にしたということは、自分たちの筋書きに対する証拠がないということを認めたことであり、あるいは疑われた方のこれまでの説明で十分だということじゃないんでしょうかね。

 大体が、政治資金の記載に関して、実体の金の動きなんていうものを問題にするならば、自民党のこれまでのものだって、おおいに疑わしいと思うのですが、それを棚に上げて、大島何ぞは、よくぬけぬけと民主党を攻撃できるもんですね。

 多くに人が、呆れてものが言えない状況になっていますよ。

 今、やらなければならないのは、取り調べの可視化ではないでしょうか。そして、検察が、無理やりでっち上げたんではないということを、それこそ説明するように義務化することだと思うのですが。

この記事へのトラックバック