上に立つ者

 「つりコミック3月号」(辰巳出版 刊)の『大漁丸』(ありま猛 著)は、大沢幹事長がお忍びで大漁丸に乗り込み、ばれてしまうという話になっていました。もちろん、小沢一郎が先だって釣り船に乗ったことを題材にしている訳ですが、読んでいくと、著者が小沢一郎に対して好意的であるのがよくわかります。

 ここにも心ある人がいたと思いましたが、もしかしたら、つりと囲碁好きの人は、好意的なのかなぁと思ったりしてしまいました。まぁ、そんなことはないでしょうが。

 これから、参院選挙まで、官僚、自民、共産、公明などなど、それから忘れてはいけない、毎日などのマスメディアを含めて、小沢一郎バッシングを続けるのでしょうが、ありま猛のような心ある人が増えることを願うばかりです。

 それにしても、今朝たまたまみたTBSのみのもんたの番組に出ている毎日の岩(?)何とかというのは、ひどいもんですね。これでは、毎日も終わりでしょう。


つりコミック 2010年 03月号 [雑誌]
辰巳出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






わが友・小沢一郎
幻冬舎
平野 貞夫

ユーザレビュー:
読む価値はあった小沢 ...
官僚腐敗、政治腐敗、 ...
まさに今だからこそ! ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

小沢一郎 嫌われる伝説
小学館
渡辺 乾介

ユーザレビュー:
「よく分からないけど ...
怪文書や中傷記事と同 ...
考察できるかもしれな ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック