例外の補足を忘れずに。

 またしても、つまらないことで、解決までに、1日以上かかってしまい、無駄な時間を費やしてしまいました。

 「絶対現場主義Visual C# 実践講座」(丸岡 孝司 著/ラトルズ 刊)のお世話になってしまいました。数年前に、この本を購入し、何度か、そうだそうだということで、参考にさせていただいておりました。今回の、例外の補足に関しても、以前、別件で、使用したことがありましたので、思いだして、実装した次第です。

 最終的に拾いきれなかった例外は、やはり、OSが処理すべきで、「XXXは停止しました。」だけのメッセージウィンドウの表示や、Microsoftにデータを送信しますかといって、「EventType ...................................」などのダイアログを表示させるより、例外で飛んでくる例外メッセージを表示させる方が、はるかにエラー内容がわかり、対処しやすいと思うのに、何で、そうしないんでしょうかね。

 わざわざ、Applicaion.UnhandkeException のルーチンを埋め込まなくてはいけないんでしょうか?

 それにしても、「絶対現場主義Visual C# 実践講座」は、あまり役に立つことの少ない、この手の本の中では、分かりやすい書き方で、要所をきっちりととらえているので、保存すべき一冊になっています。

 姉妹編のWeb系のも出版されたそうですが、きっと役に立ちそうですね。

絶対現場主義Visual C#実践講座―開発の現場から生まれた実践テクニック&TIPS集
ラトルズ
丸岡 孝司

ユーザレビュー:
技術書というよりは。 ...
単純なTips本では ...
おっさんほいほい中身 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのトラックバック