イヴ・サンローラン

 ”イヴ・サンローラン”というタイトルが黒茶色のケースに浮き上がって見え、本屋さんの一角にずら~と並ぶのは、かなりインパクトがあります。

 宝島社が刊行している「ブランド・ムック本」の新しいもので「イヴ・サンローラン」には、附録でトートバックが付いています。

 YvesSaintLaurentが追及する美の8要素とは、

 1.隙がないこと
 2.肌の存在感
 3.意志を感じさせる目
 4.意外性があること
 5.あふれる官能
 6.あふれる純粋
 7.触れたくなること
 8.オーラがあること


とのこと。

 これを、飾るということで達成しようとすることに、こころも形から入るということが必要なのかもしれないという感じがしました。でも、古い人間としては、本当かなぁと思ってしまいますが。

 ともかく、この本の初版刷り部数が100万部なんだそうです。村上春樹もびっくりでしょう。

 最近、この手の本が増えていると思ったら、こんなに売れるのなら考えtますね。

 ディアゴスティーニの趣味本の連載など、あの手この手ですね。

 それにしても、ブランドの力というのは、大きいもので、宝島社はもうかっているんでしょう、驚くばかりです。

 そもそも、ムックて何だろうと思ったら、よく知りませんでした。

 調べたら、magazine + book の合成語ということで、本形式でありながら、雑誌のような発行スタイル(雑誌コード)を撮るもののことなんだそうでした。

 結構、以前から出ているんですね。それにしても、最近のものって、附録がメインなのかと思ってしまいます。

唯一無二の革新的コスメティック イヴ・サンローラン (e-MOOK)
宝島社
2009-11-07

ユーザレビュー:
旦那さんが買ってくれ ...
買って正解でしたこの ...
これは絶対・・・!店 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのトラックバック