ナマの京都

 大森駅のブックファーストに行ったら、催し物コーナーが、”コミックエッセイ”となっていて、平台に置いてあり、すぐに目立ったのが、””の話の本で、何やら男女が絡み合ったイラストの表紙になっており、さすがに手に取るのもはばかられたので、その上に何冊か並べてあった本のうち、「ナマの京都」(グレゴリ 青山 著/メディアファクトリー 刊)を読んでみました。コミックエッセイってなんだろうと思いながらページをめくり、おや、漫画かという次第でしたが。

 いや、面白いというのが第一印象です。噂に聞いていた、京都女性の”裏(?)”の顔というか、強さの秘密ですね。なるほど、ここまで”いけず”なのかと思ってしまいました。

 しょっぱなの、著者の料亭でのアルバイト時代の話など、おお、すごい、と思ってしまいました。ここまでやるかぁ~、という感じでした。

 この本、2004年に発行されていたんですね。

 現在の、京都の人がこうなのかは知りませんが、面白いですね。狭い都市で文化が成熟し、共同体が形成されるということは、こういう側面を持つのかと、感心してしまいました。

京いけずの章(京の料亭いけずサクレツ篇 よそさんの知らない京都語入門 ほか)
京食の章(薔薇と王将 京都における王将の存在 ほか)
京まぼろしの章(深泥池 近畿放送のもっさいCM ほか)
京観光の章(グレーナ わびさびな思い出 ほか)


 これらの目次を見ているだけでも、おかしさがこみ上げてきます。
ナマの京都
メディアファクトリー
グレゴリ青山

ユーザレビュー:
懐かしの河原町のジュ ...
このイヤらしさこそ京 ...
地元学生目線で描かれ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






京の茶石鹸 クリーミーな泡立ち 2個で送料が無料 緑茶石鹸 お茶石鹸 京の茶せっけん レビュー記入でプラチナマスクプレゼント
エスケンショッピング
※おまけはお一人様につき1点となります 広告文責 株式会社マツムラカメラ 076-242-1122

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのトラックバック