遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュールンベルグ裁判

<<   作成日時 : 2009/08/23 18:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 つい先日、チャンネルを回していたら、NHKのBS映画をやっていました。どうも「ニュールンベルグ裁判Judgment at Nuremberg)」のようで、話には聞いたことはあるのですが、見たことはなかったので、終りまで見てしまいました。当然のことながら、実際の記録映画ではないフィクションなのですが、幾つかのことを考えさせられました。

 この法廷で裁かれるのは、戦時中の検事や裁判官ですが、すでに、戦争終結後数年を経ており、ロシア共産主義の脅威が差し迫っているという政治状況下が年代背景として存在します。

 ●戦勝国が敗戦国をさばくという裁判の前提。

 ●いわゆる断種法などのナチス支配下における”法”の有効性(非人道性)。ひいては、法とは何か。

 ●ドイツ国民とナチス支配層との関係。

といったことが、問われているように思えました。

 マレーネ・デートリッヒ扮するドイツ軍将校(処刑されている)の未亡人ベルトールド夫人が、個人的に親しくなったスペンサー・トレーシー扮する裁判長ヘイウッドにいいます。ヒットラーのような伍長上がりの人間の言うことを聞いたんではない、しかし、ナチスも貧困からドイツを救ったし、共産主義の防波堤にもなったといういいところがあったんだ。そして、アウシュビッツで何が行われていたかなんて知らなかったんだと。

 ナチスの支配下で定められた法律に従い、告発した検事、そして判決を下したバート・ランカスター扮する判事ヤニングが関係した裁判が取り上げられ法廷での闘争が始まります。精神疾患を有する人に対する断種法を適用された人が法廷に立たされるが、実際に、実は足し算ができない人であることが、モンゴメリー・クリフ扮する弁護士ピーターセンによって残酷にも証明されます。そして、アーリア人と他の人種との交接を禁ずる法に違反したとして有罪とされた、当時16歳であったジュディ・ガーランド扮する少女ヴァルナーが法廷に引き出され、死刑判決とされた60歳のユダヤ人との肉体関係が本当にあったのか、執拗に追及されます。弁護士は、被告たちは、忠実に法律に従ったのであり、彼らの判断は法律のもとに正しかったとし、もし、彼らをさばくとすれば、それは全ドイツ国民を裁くことだというのでした。

 途中、リチャード・ウィドマーク扮する検事ローソンは、ガス室での殺戮の映像を法廷で映写し、いかに、ナチスが残虐な行為を行い、被告たちが、それに加担したかを訴えます。

 アメリカの地方の判事でしかすぎなかったヘイウッドは、悩みます。何しろ、被告の元判事ヤニングは高名な法律学者であり、有罪にすることは、ドイツ国民の反感を買うばかりか、共産主義に対する防波堤をドイツに求めていたアメリカの意図に反するからです。

 私も、どういう判決を下すのかと思って、死刑なのかなぁ、それとも無罪なのかなぁと思って見ていましたが、被告4人すべてに対して終身刑という判決を下しました。おや、これは、判決としては、落とし所なのかなぁという気がしました。私は、元検事と元判事の二人は死刑かなぁと思っていたので、? でしたけど。

 映画の最後でヘイウッドがアメリカに帰る日となり、、ベルトールド夫人にお別れの電話をかけますが、夫人はなり続ける電話を前にして出ようとしません。ドイツ国民は怒っているのでした。そんなおり、ヤニングから会いたいという伝言があり、押し迫る飛行機の出発時間をきにしつつも面会に出かけるのでした。

 面会し、ヤニングは、ヘイウッドに言います。

 ”私は、知らなかったんだ。”と、ガス室での虐殺の事実を知らなかったということ強調します。

 しかし、ヘイウッドは、答えます。

 ”無実の人を有罪にしたことからすべてが始まっているのです。”と。

 ここで映画は終わります。

 彼らを裁く法的根拠はななのか? という疑問はぬぐえませんが、戦時ドイツの支配層の一員であり、忠実に残虐な行為をになったことに対しては、罰せられるのは当然のような気がします。逆に、映画の中にも出てきた、広島・長崎に対する残虐な行為をした戦勝国アメリカの罰は、ということが問題になりますね。

 最後のヘイウッドの答えは、私は、無言で終わった方が良かったような気がします(法律家として政治にコミットしすぎたのがいけないというように聞こえてしまいかねないので)。政治抜きの法があるのかなぁと言う気がしていますので。

 戦争に良い戦争と悪い戦争なんてなくて、どんな戦争も人間の生み出す悪ではないでしょうか。たとえば、この映画にしても、ホロコーストと戦争が一体になって問題化されていますが、ホロコーストではなくても戦争は殺りく行為を伴った支配ー被支配の関係性の枠での行為なのであり、それ自体が、別個に問題でしょうね。

 現代の時代でいえば、世界経済戦争を錦の御旗とした貧困層の拡大と経営者ー従業員の関係性の変化を考えると、私たちは、目に見えないガス室に送られているのではと錯覚してしまいます。

 これが、錯覚でなければいいのですが。

 ニュールンベルグ裁判に関する書籍は、あまり出ていないんですね。記録となると膨大になってしまうので、読む通すのは困難なんでしょうね。

ニュールンベルグ裁判 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2009-07-03

ユーザレビュー:
見応えの有る演技合戦 ...
誠実に創り込まれた法 ...
様々な問いかけ この ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



送料無料!!【DVD】ニュールンベルグ裁判/スペンサー・トレイシー スペンサー・トレイシー
バンダレコード
収録曲JUDGEMENT AT NUREMBERGスペンサー・トレイシーで検索リクエストライブラリー


楽天市場 by ウェブリブログ



ニュルンベルク軍事裁判〈上〉
原書房
ジョゼフ・E. パーシコ

ユーザレビュー:
ニュルンベルク裁判の ...
「勝者が裁く」-歴史 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ニュルンベルク軍事裁判〈下〉
原書房
ジョゼフ・E. パーシコ

ユーザレビュー:
日本人向けのエンディ ...
女医を女医たらしめて ...
暇つぶしにはもってこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ベートーヴェン:アリア集
ワーナーミュージック・ジャパン
ハンプソン(トーマス)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
ニュールンベルグ裁判 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる