遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 働く幸せ

<<   作成日時 : 2009/08/03 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 「働く幸せ-仕事でいちばん大切なこと 」(大山 泰弘 著/WAVE出版 刊)という本を朝日新聞の広告(?)で見ていた様な気がしたので、あれ、これがそうかと思い、読み飛ばそうかと思って手に取ったのですが、結局、1ページ目から、全頁読み切ってしまいました。

 著者の大山 泰弘さんは、村上 龍が司会するカンブリア宮殿に出た人で、 日本理化学工業株式会社の会長さんをやっている人です。そういえば、この番組見たような気がするなぁと思いだしました。チョークの新製品を紹介していたような気がしました。残念ながら、会社自体のことはほとんど記憶にはなかったのですが。

 なんで、最後まで読み切ったかというと、この会社が、もともとの発祥が大田区(蒲田)であるということと、一番大きかったのは、実は、社員の80%近くの人が、いわゆる知的障害の方たちであるということで、本当に、会社経営ができるの? 何故、そんな経営方針をとったのかなぁ? という単純な気持ちがわいてきたからです。

 当初、やはり、著者自身も、まさか、自分の会社が、このように多くの知的障害の方を雇うということになるとは思っていなかったのだそうです。どうして、知的障害の方を雇い、どういう風に、自分の意識が変わり、何故、会社経営ができるようになったかということが、語られていきます。

 学校に収めるチョークを製造していたことから、近所の青鳥養護学校の先生から、生徒の就職を頼まれ、何回か断ったのですが、2週間の就業体験ということでOKしたのですが、その2週間が過ぎ、一緒に働いていた健常者の方達が、私たちがお世話するから雇ってあげてください、という声で、2名の卒業生を雇用するということになったのです。

 この2名の知的障害の方を雇ったことから、知的障害の方の事実と彼らを取り巻く社会ということに、著者は気付かされていきます。著者の疑問は、”何故、施設に戻れば、ゆったりと生活できるのに、戻ろうとしないで、働こうとするのか?”という子でした。そして、その時、偶然出会ったお坊さんに、こういわれるのでした。

人間にとって必要なものは、4つあるのですよ。

 一、人に愛されること。
 一、人にほめられること。
 一、人の役に立つこと。
 一、人から必要とされること。

 そうなんです。知的障害を持った方は、人に必要とされ、役に立って、褒められるということを望んでいるのでした。

 著者の、苦難を乗り越えていく姿と、偶然にも、その時その時現れる、援助者の偶然に、必然を感じてしまいます。

 たとえば、製品の精度を保持するためには、多くの誤差測定をし、基準内に収めなければいけないのですが、知的障害の方には、数字で理解させるには困難であり、その時、工場まで、自分ひとりで来られるということは、信号の色は判断できるのだということから、製品の重量検査に、色を利用して重りに着色し、製品の仕分の色と合わせることで測定できるようにするとか、マニュアルにない、あるいはマニュアルという画一的なお仕着せの方法ではできないが、彼らの目線に立ったやり方を考えることで、健常者以上の仕事ができるように工程を組み立てていったのです。

 この中で、驚いたことは、このように多くの知的障害の方が、働いていらっしゃるというのは、当然のことながらびっくりしましたが、

 @ 利益を上げなければならない企業で実行できているということ。

 A 会社の工場建設で、東京都に相談に行ったときに、そんあことは、都が大田区に施設を作るところなので、援助できないとむげに言われたこと。逆に、川崎市では、快く賛同され、敷地の確保ができたこと。

 が挙げられます。

 著者が言うように、福祉施設の中での工場という閉ざされた囲い込みによる、福祉という名の知的障害者の隔離では、よくないという意見には、何か、人間として賛同できる気がして仕方ありませんでした。

 邪魔ものとして閉ざされた空間に閉じ込めようとする福祉。

 私は、この本を読んで、知的障害という現場ばかりではなく、一般的な労働ということでも、著者の助け合いのこころは、今後、大切なポイントになるのではないかという気がしました。

 ”働”とは、人のために動くと解釈できるという著者の声に、一つの真実があるような気がしました。

働く幸せ~仕事でいちばん大切なこと~
WAVE出版
大山 泰弘

ユーザレビュー:
日本の誇り社員の7割 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






あずさの1059日?トネさんのそれゆけ福祉日記
文芸社
利根川 茂

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

こころの段差にスロープを
日本経済新聞社
松兼 功

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
WAVE出版の田中と申します。
このたびは、ブログにて大山泰弘さんの『働く幸せ』を取り上げてくださいまして、
まことにありがとうございました。

「働く幸せ公式ブログ」(http://ameblo.jp/hatarakushiawase/)にて、
リンクを貼らせていただくともに、
お礼の文面を掲載させていただきました。
ご覧いただけますと幸いです。

これからも、応援していただけるような出版活動に全力で取り組んでまいります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
『働く幸せ』公式ブログ
2009/10/10 23:08
田中さん、はじめまして。
わざわざリンクのご報告をいただき、ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。
風来末
2009/10/11 00:20
こちらこそ、わざわざコメントいただき、ありがとうございます。
今後とも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
田中
2009/10/11 11:31
田中さん、今晩は。
また、こういった心を打つ本の出版をしてください。
よろしくお願いします。
風来末
2009/10/13 23:34
たいへんお世話になっております。

現在、「ビジネス書大賞biz-tai2010 」(http://biztai.jp/index.html)の選考が進められています。

この賞は、日本のビジネスパーソンの成長、ひいては日本の産業界の発展に貢献することを目的に創設されました。

書店、ブロガー、マスコミなど60名の選考委員による第1次審査、ネット上での一般投票による第2次審査などを経て、12月に大賞が決定します。

ただいま、ネット上の一般投票が行われています。
ご関心のある方はぜひ、票を投じてください。

『働く幸せ』も、第1次審査を高評価で通過した書籍27冊 に選ばれています。
ぜひ、ご覧ください!
働く幸せ公式ブログ
2009/11/25 11:49
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
働く幸せ 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる