僕僕先生

 「僕僕先生」(仁木 英之 著/新潮社 刊)の、文庫本を、先日来読み通していました。

 本屋さんで、表紙に描いてある登場人物のほのぼのとしたイラストと『美少女仙人に弟子入り修行!?』という帯の文句を見て。10ページほど立ち読みしたら、面白かったので、買って読み始め、ようやく読み終わりました。

 唐代の中国を舞台に、普通は美少女の姿をしている仙人と、彼女(?)に淡い恋心を抱いた無為徒食の青年とが織りなす、天界、仙界、人間界をまたにかけた”道中記+冒険物語+恋愛小説”といったような感じの小説で、とても面白く読めました。

 なんでも、「第18回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品」なのだそうです。あの畠中 恵さんの「しゃばけ」も、この賞の優秀賞をとっているみたいで、なんとなく、ほんわかとし、頼りなげな主人公を中心とした物語には、似通った安心感を与えられるような気がします。

 仙人の名前は「僕僕」で、主人公の名前が「王弁」。

 ぼんやりと何もせずに日々を送る青年王弁は、地方官吏の父親、不老不死など仙術に興味があり、息子に、黄土山にすむという仙人を見てこいということから、二人の出会いが始まり、犬の顔をした国へ行ったり、冒険の旅に出ます。

 僕僕という仙人は、描かれている限りでは、美少女であり、杏の香りを漂わせ、清廉な感じを与えています。その仙人が、王弁の、素直な心に、ほのかな恋心を抱いてしまうのです。

 しかし、仙人と人間、はたして二人の恋心はどうなるのかと楽しみです。

 難しい地名や人名が出てくるのですが、まぁ、漢字は読み取れなくても、面白いので先に読み進めます。

 久しぶりに、愉快な小説に出会えた気がします。今年は、続編も出たそうで、また、楽しみです。

僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
仁木 英之

ユーザレビュー:
心のオアシスをポッケ ...
唐代、人間と仙人のフ ...
心地よく読める本 お ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック