西友復活の奇策は?

 今日は、大森プリモの東急ストアで買い物をと思っていったっら、あれまぁ、定休日ではないですか。
 仕方なく戻って、西友の地下へ。
 西友も、力なく、ウォルマート傘下になっても、ぱぁとしないですね。
 イトーヨーカドーが出来、東急ストアがきれいになり、という状況では致し方ないですかね。
 すべてを安くという方針のためか、一部、アウトレット風の棚にしたりしていますが、いまいちですね。
 地下の食料品売り場、しょっちゅう、何か、配置換えのようなことぉやっていますが、変わり映えしないですね。
 そんな中、何ヶ月前から、背の高い、アメリカ人と思われる外人さんが、一人、商品を並べている姿を見かけるようになりました。
 背が高く、顔が小さく、スラーとしていて、いかにもアメリカ人の若者というような感じの店員さんです。
 ここで、思いつきました、
 西友の復活は、彼のようなイケメン外人さんを、多く配置することではないのかなぁって。
 今日も、顔が合うと、”いらっしゃいませ”と日本語で言われました。
 最近、ただただ、”いらっしゃいませ”と言えばいいと思っているのか、レコードのように、無表情で言うのが気になっていましたので、今日のように、外人(?)さんに、目が合って言われるのは、新鮮でした。
 品揃えより、人ぞろえがさき??
 で、買い物を終わり、バス停でバスを待っていると、これも最近(1年ぐらい前?)、バス停の反対側の法に、「福山通運64197」のトラックが止まり、荷物の出し入れをしているのを見て、不思議に思っています。
 いつも助手席に、女性が座っているということです。
 運転手の人とご夫婦なんでしょうか。
 いつも、3時過ぎぐらいに、平和島循環のバス停の前に止まっているので、目に付いてしまいます。
 まぁ、こんな日常が、今日も過ぎていきました。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック