変だ!!! -- AcroPDF.dll

 Acrobat Reader 9.0をインストールしてから、気がつかなかったのですが、従来、PDFファイルをWebBrowserコンポーネントw使用して表示するように作成していたアプリケーションが、表示はされるのですが、プログラム終了時にエラーメッセージダイアログが出てくるようになってしまいました。

画像

 この間、Internet Explorer 7.0でのOffisce2007のファイル(EXCEL,WORD)も、WebBrowserを貼り付けたウインドウでは表示されず、それぞれのアプリケーションを起動して表示させるようになっており、修正するには、レジストリーの書き換えが必要ということになってしまっていました。
 さらに、Internet Explorer 6.0にアップデートしたら、DEP(Data Execute Prevention)なるものが、突然動き出し、Internetでの検索も実行できないようになってしまいました。
 何とか。7.0バージョンに戻したのですが、今度は、件のPDFの問題が発生してしまいました。
 色々調べたのですが、マイクロソフトのフォーラムに1件、同じ内容の投稿があったのですが、解決には至っていない状態です。
 海外にまで検索をかけると、どうも、Acrobat Reader 9.0に付随のAcroPDF.dll自体の問題のようなものがありました。
 「332. AcroPdf Active X control with Reader 9.0
 これでは、逃げようがないですね。
 WebBrowserを使用しないで、直接、ウィンドウにPDFReaderのコントロールを貼り付けて試してみたのですが、状況は変わらずでしたので、単独アプリケーションとしてAcrobatReaderを起動するしかないみたいですね。
 2日間、原因を探しまくってしまいました、..............!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック