蛙と虫

 一月ほど前から、ミノムシが数匹、マンション通路の壁に、器用にへばりついているのを見かけます。

 しばらく見ていると、壁の上へ上へと登って行きます。

 3日ほど前、一匹のミノムシを取って、玄関の下駄箱の上にある空の植木鉢に、そのまま入れておいたら、入れていたのをすっかり忘れていて、昨日、気がついた時には、天井にぶら下がっていました。

 通路の壁にいた時には、蓑の中の虫が顔を出して這っていましたが、天井にぶら下がっていた時には、すでに、蓑は閉じられていました。

 中では、どうなっているのだか。

 蓑の形が紡錘形に近く、上部で巾着のように細くなってくっついているところから見て、”オオミノガ”だと思われますが、インターネットで検索すると、”オオミノガヤドリバエ”などの寄生虫により、数が激減しているということでした。

 いつもなら、蓑をはいでしまうのですが、可哀想になって、中庭の木の枝の又にそっと置いておきました。死んでなければいいのですが? でも、一応害虫なので殺した方がいいんですかね...?

 そんなことをしているとき、昨夜は、マンションを出たところの歩道をコンビニに向かって歩いていたら、視野の右下隅で、かすかに動く気配を感じたので、そちらを見ると、茶色いものが転がっていました。見ていても、動く気配がないので、枯葉が、風に吹かれたのかと思い、近寄って、足でひっくり返しました。

 あれまぁ、””でした。

 早速、手にとって見ると、手の大きさいっぱいの”ひきがえる”でした。

 久しぶりの大型の蛙でしたので、即、部屋にUターンし、玄関の下駄箱の上において、しばらく、いじくって遊んでしまいました。

 蒲鉾をちぎって口元に置きましたが、まったく食べようとしません。

 さわると体を膨らましますが、のんびりとしたもので、鳴きもせず、ゆったりと歩き回るだけです。

 しかし、正面から顔を見ると、目といい、口といい、本当にかわいらしいです

 子供が、飼うのと言いましたが、適当な入れ物も、餌もないので、また、蛙がいた歩道に戻しておきました。大きさ、色合いなどから見て、”アズマヒキガエル”だとは思うのですが、あんなに、のったりのったり歩いていたんでは、自動車に惹かれてしまうのではと心配になってしまいます。

 しかし、蛙などの生き物を見ると、何故かほっとしますね。

合掌 by 遍照金剛

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック