爆笑問題のニッポンの教養"ヒトはなぜ死ぬのか? "

 今夜の「爆笑問題のニッポンの教養」は、東京理科大学薬学部教授の田沼 靖一さんへのインタビューでした。

 ””というものを、生化学的に研究されているということでした。

 大腸菌のような細菌は、「一倍体」と言い”自死”がなく(環境条件による死はある)、植物・動物のような「二倍体」といわれるものが、登場したときに初めて、”自死”ということが発生したそうです。

 つまり、「二倍体」という、雌雄それぞれの親からの一つずつの遺伝子情報の組み合わせ、により、新しい””が誕生するというものです。このとき、初めて、””と””が対となって出現したことになるとの事でした。

 この”自死”を司るのが「アポトーシス(DNaseγ)」という構造です。田沼 靖一さんの研究論文の要旨では、”アポ トーシスは遺伝子にあらかじめ組み込まれたプログラムの発現に基づいておこる 能動的な細胞死であり、本来は、生体の中で不要になった細胞(余剰細胞、老化 細胞など)や異常をきたして有害となる細胞(癌細胞、ウイルス感染細胞など) を除去し、生命の形づくりや維持に必須な機能を果たしている”とかかれています。

 ここで驚いたのが、大腸菌などの「一倍体」には、”自死”がない、すなはち”不死”ということであり、人間のような「二倍体」では、”自死”の機能になんらかの異常があると、細胞レベルでなく個体全体の生に異常をきたしてしまうということでした。

 生化学的には、予め”自死”のプログラムが遺伝子レベルで組み込まれているということが分かったのは、驚くべきことです。

 しかし、何故、「二倍体」という繁殖方法を取るものを生み出さなければならなかったのかという疑問は残ります。

 また、何故、人間は、”自己意識”を持たなければならなかったのかという疑問も残ります。””を意識することがなければ、””を意識することもなく、「生ー死」を、当たり前のこととして受け止めることができたと思うのですが!?

 最大の謎は、”不死”から、あえて”自死”という構造を持った生き物が、何故、発生したかということですね。

 さらに、素人の勝手な妄想ですが、”N倍体”というのがありうるとしたら、どんなことをじつげんするのでしょうか?

 X・Y染色体に、例えば、Z染色体があったとした場合、どうなるんでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック