海外宝くじ

 海外宝くじを始めたのは、もう20年以上も前のことでした。

 そのころ、日本で、海外宝くじを代理購入してくれる会社がありました。株式会社ワールドマガジン社という会社で、幅広く、海外宝くじを販売していました。

 残念なことに、日本での、宝くじの販売は禁止されているということで、日本での営業をやめざるを得ず、アメリカにわたり、今、PLC Internationalとして事業を継続しています。

 このワールドマガジン社の摘発の件に関しては、ニュービジネスセンターというサイトの、「外国宝くじ騒動記」のページに、いきさつが書いてあります。

 ただし、以前発行していた月刊誌のロトに関する雑誌はなくなってしまいました。

 海外宝くじを始めた当時は、アメリカ、カナダ、ドイツ、オーストラリア、.....といった国の宝くじを、色々な業者で行っていました。

 結局、儲かったのはひとつもなかったのですが、日本テレビの今井さんでおなじみの悪質業者には引っかからなかったのが幸でした。

 それこそ、何年かは、自分で分からなくなるくらい並行して海外宝くじを買っていましたが、10年ほど前から、絞って行うようにしています。

 最終的には、信頼の置けるPLC International で購入しています。

 その中でも、イギリスのくじ付き国債(プレミアムボンド)は、毎年のように、当選金額が大きくなり、国債を買うので元金は保証され、安心です。ただし、為替相場があるので、その辺は注意しないといけないですが。

 また、もてる最高の学も30,000ポンドとなっていますので、まあ、余分に買うこともないので安全といえます。

 1ポンドごとの債券番号で、毎月1回の抽選に参加でき、50~1,000,000ポンドまで当たる可能性があります。

 日本でも、信用金庫が、くじ付き定期預金を行っています。それと似たようなものですが、当選金額が大きいので、海外の方が楽しみです。

 私に限って言えば、200ポンド(当時のレートで3万円ちょっと)購入し、その後、50ポンドが3回当たっています。都合150ポンド当たったことになります。最初にあたった時は、ポンド高になっていたので、50ポンドの小切手を日本円に交換するときにも、為替差益が出ました。と言っても、たいしたことはないのですが。

 後の2回は、自動再投資を選択したので、自動的に、購入限度額になるまで、再投資することとなり、新しい債券を送ってきました。

 ということで、現在、300ポンドの国債を持っていることになります(いつでも現金に交換可能)。残念なことに、しばらく当選の通知が来ないのが残念。そろそろ、あたってもいいのになぁと思っているところです。National Savings and Investments で、英国くじ付き国債に関しては知ることが可能です。

 それから、同じくPLC International でアメリカのロトとを行っています。長年行っているので、ここ数年は、毎年、50週の抽選に、通常価格の1/3で参加できる特典があり、安いので、ほぼ1年間、自動的に抽選に参加しています。

 10週ごとに、抽選結果と当選金を送ってきます。100ドル札、50ドル札、20ドル札, 10ドル札, 5ドル札, 1ドル札と、まぁ種類だけはたまりましたね。こちらは、儲かっているとはお世辞にもいえませんが、最近は、特典を利用できるので、収支がとんとんというところになっています。

 何故、こんなことを考えたかと言うと、今日、郵便受けを見たら、Tシャツが送られてきていて、何だっけかなぁと思い、外断熱工法の建設を行う会社の製品ネーミングに応募していたのを思い出しました。それの参加賞みたいなものでした。

 ということで、ふと、考えたら、海外宝くじも、やりだして20年以上になるんだなぁと思ったら、そろそろ大当たりしてもいいんじゃないのと叫びたくなってしまいました。

 ある意味、株式会社ワールドマガジン社のような存在を違法とする日本の法律がある限り、日本テレビで追求するような悪質業者が出てきてしまいますよね。なんていったって、海外宝くじは、6億円で騒いでいるBIGなんて目ではなく、100億円なんていうのも夢ではないんですからね。

 インターネットでは、騙されたとか、暗躍する詐欺団の存在などがありますが、日本からも、インターネット経由で、各国の宝くじを購入することが出来ます。

 日本の法律では、これらの行為は違法ということになりますが、そろそろ変えた方がいいんじゃないのでしょうかね。きちんとした、日本の業者が商売できるようにすれば、騙されることも少なくなるような気がします。

 それにしても、あたりましたよ、と突然外人さんが来たら、どうなるんでしょうか。

 その日のために、英会話を学ばなければならない....のでした。

*2007/5/26

 インタ車ネットで、海外宝くじの件を調べていたら、ほとんどが、詐欺や騙され他ということに関するものでした。

 一つだけ、「アメリカ・海外ロト宝くじ研究会の主旨」というサイトがあり、読んでみましたが、色々、法的なことについても言及してあり、参考になりました。ただし、サイトの主催者が推薦している代行業者は、現在、業務を行っていないみたいです。内容的にも、若干古いという気もしますので、注意が必要です。各種ロトの現地価格が掲載されているので、ためになります。

 いずれにしろ、自己責任ですむ範囲内で参加するということに尽きるでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック