猫の一瞥

 ベランダを見ると、ガラス窓越しに、ベランダの柵の上を、がゆっくりと歩いています。

 右隣の家のほうから、左隣の家のほうまで、ゆっくりゆっくりと進んで行きます。

 リビングのテーブルから、6m位離れているのですが、高さおよそ1mの柵の上が20cmほどの幅になっており、たまに、猫が行き来します。

 今日の猫は、最近、ぶらついている、いつもの猫で、こちらを一瞥すると、そのまま静に、左隣の家の柵のほうには行ってしまいました。

 しばらくすると、今度は、戻ってきて、右隣の家のほうに歩いて行きます。

 こちらを見たので、今度は、手を振って、おいでおいでをすると、向こうからも見えているのか、じ~とこちらに視線を投げかけています。

 何分か、こちらを見ていましたが、柵から降りることなく、そのまんま右隣の家に消えていきました。

 猫と目を合わせて、見詰め合っていると、猫は何を考えているのかなぁと思ってしまいます。

 人間を識別しているんでしょうか?

 確か、この間のテレビでの実験では、猫は、人を識別しないということを言っていたような気がしたのですが、猫の目を見ていると、こちらを知って、何かを考えているように見えてしまいます。

 そう思わせるのが、猫の魔術なんでしょうかね。

 犬と違って、猫は、自分が一番偉いと思っているとの事ですが、それでも、猫に魅力を感じるのは何なのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック