遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 実を知る

<<   作成日時 : 2006/10/19 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 事務所に行くまでの間に、どれだけ実が集まるか、やってみました。

 地図で距離を調べると、1Kmの距離になりますが、その間、約700m程度は草木が植えられています。

 まず、茶色い衣にくるまれたものがあり、触ると、先っちょがとんがっていて少し痛い物を取りました。

 つづいて、菖蒲のような形の葉っぱで真ん中の茎の上の方で、緑茶色して群生する実を見つけて採りました。

 それから、赤いおしろい花の実、白いおしろい花の実とつづけて撮りました。

 ということで、都合4種類の実を取りましたが、知っている花の名前は、結局、おしろい花だけという寂しい状況でした。

 おしろい花もピンクっぽいものがあったのですが、残念なことに実が見つかりませんでした。

 途中、ハゼランと書いてある立て札があり、小さい蕾(?)が、きれいになっていました。残念なことに、朝10時ごろでしたので、花は開いていないみたいです。

 蕾を、てっきり花だと思っていたのですが、家に戻ってから、調べてみると、午後3時ごろでないと、花は咲かないということで、写真を見ると、花らしい花が開いているので、朝見たのは、花ではなく、蕾(?)だったのだと分かりました。

 実だと思って、取ってみると、なんてことはない、小さな蕾が、沢山連なっていたなんていうこともあります。

 このように、色々な種類の草木が身近にあるのですが、ほとんど知らないものが多いので、まったく草木について知らないんだなぁと再認識させられます。

 ハゼランていうのも、ハゼとついているので、何かハゼの木と何か関係有るのかと思えば、まったく関係がなく、弾けるの方だったみたいで、名前が書いてあっても、間違った推量をしてしまうということになりがちです。

 実を採ってきたのはいいのですが、さて、どうしようかと思うと、植木鉢に植えてみるか程度の考えしか出てこず、植え方を含め、まぁ、何にもも知らないなぁとがっかりします。

 果たして、私が取ってきたのは、実なのか種なのか? 箕の中に種があるのでは? と小学生に聞くと笑われてしまうような知識水準にあきれ返ってしまいます。

 今年の夏には、新版の「ファーブル昆虫記」が本屋さんに並んでいましたが、知ることを本格的につめて行ったら、ファーブルみたいに、執着するしかないんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ファーブルさんの生き方には、羨ましくなることがあります。
これほどまでに、うちこめるとは・・・・
のんびり猫
2006/10/20 10:53
 ファーブルみたいな人生もありかなぁと思いますが、時既に遅し、と言うことになってしまいました。
 さかなくんも面白いですね。千石さんとか、淀川さんとか、羨ましいです。
風来末
2006/10/20 17:58
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
実を知る 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる